ミー&ベルの家事紹介

  • ミー&ベル

    ミーです。女の子です。

    (人見知りがはげしいですが慣れるとしつこいといわれています)

  • ミー&ベル

    ベルです。男の子です。

    (お家に来た人にはとても馴れ馴れしいですが食いしん坊なのが欠点です)

これからママの家事を紹介していきます。うまく出来るか心配ですけど、どうぞ宜しくお願いいたします。

ママは、真っ赤なベネチアングラスを飾り棚から出して磨きました。これはアドリア海に面したイタリア北部の都市、水の都ベネチアを旅した時に、石畳の細い道の両側に何件もの小さなお店が並ぶ一角で、ひと際輝くグラスのお店に魅せられて購入したものです。飾り棚のダウンライトに輝きをましたベネチアングラスが素敵だにゃん・・・・・(ミーより)
ママはリンゴの木に鳥さんが水を飲んだり、体を入れて羽をバタバタさせて水浴びができるように、いつも白い陶器のカゴにお水を一杯入れておきます。今は寒いのでカゴのお水が凍っている時があります。そんな時は、お湯を入れて温かなお水にしてあげています。それを知っている鳥さんが、いつも水を飲みに遊びに来ます。ぼくもミーちゃんもそれをお部屋の中から見て楽しんでいます。今日も来てくれるかにゃん。・・・・・・(ベルより)
今日は節分。ママは恵方巻をお皿にのせ、おばあちゃんが作った鬼さんとお豆をランチョンマットに飾りました。鬼は外、福は内。おばあちゃんが作った鬼さん、可愛いいからお豆をぶつけたら可哀そう。お外は寒いからお家にいていいよ! ところで、ぼくはお豆を六個、ミーちゃんは十個、ママは⁇ だって言わないでって言うから。でもママそれ食べすぎじゃない‼・・・・・・(ベルより)
今、玄関を飾っているのは、ミーシャの花瓶です。これはママがオーストリアへ旅行に行った時宿泊したホテルの中のお店で買ったものです。このホテルは、アメリカのブッシュ大統領が宿泊したことのあるシックで重厚な造りのホテルです。ブッシュ大統領が急遽予定を変更したときにいつものホテルを予約したが満席のため断られ、ここのホテルに宿泊されたとのことです。一流のホテルとは大統領の要請でも他のお客様を疎かにしない、その志に感動するにゃん。・・・・・(ミーより)
1
トップへ戻る